Q 京都に住んでいた頃の記憶は?(〜小学校中高学年)

 

ジャイアンスネ夫関係の友人Mと(やっと)クラスが分かれ、新しい友人ができる。私を入れて3人の友人関係。SとA。SとAは仲が良く、私は友人たちが自分のことを嫌いなのでは、といつも疑っていて、一緒に帰るにしてもわざと距離を開けて帰ったりしていた。「一緒に帰ろう」と、声をかけてもらうのをずっと待ってた。実際、わたしはあまり好かれていなかったのかも。

 

Mとはそのまま疎遠に。

 

漫画雑誌ブーム。毎月の漫画と付録に夢中だった。漫画の交換日記をSとしていた。Sはとても絵が上手かった。わたしはあまり上手くなかった。連載漫画の予告編だけをいつも書いていた。

 

京都という土地柄なのか、裏表が激しいところがあった。クラスの担任の先生は生徒たちにいじめられていた。静岡のおっとりとした裏表のあまりない両親の価値観と、学校の(京都)価値観のズレはわたしをおおいに困惑させた。誰も本当のことを言っていないような気がして、誰も信用できなかった気がする。

 

妹は、素敵な友人といつも全力で楽しそうに遊んでいて、とても羨ましかった。その分、妹に「従える」ような関係を強いていた。

 

内弁慶傾向がではじめる。妹とその友人たちがわいわいしているのに、一人で居たりしていた。母が誘ってきても拒否して、ひとりでスネていた記憶。

 

学校でけん玉ブームがあって、わたしもけん玉を買ってもらったような記憶。

 

お隣さんの別のクラスのYと休日や夏休みによく遊びに誘ってきて、遊んだ。バトミントンなどの遊びをしていたけれど、何が面白いのかわからなくて、早く時間が過ぎないかなあといつも思っていた。Yはとても明るくて素直で素敵な子だった記憶。

 

小学5年生で大阪へ転校に。悲しいよりも、この状況から抜け出せる!という期待気持ちと、新しい環境への大きな不安があったように思う。

 

京都特有の裏表のコミュニケーションとか、クラス全員で先生を虐める陰湿さとか

そういうのがとても怖かったし、馴染めないまま過ごしていたような記憶。

 

友人関係もいつも自分の悪口を言っているんじゃないかと疑っていたように思う。

 

そのストレスを母や妹に向けはじめる内弁慶傾向が、この頃からではじめる。

 

低学年の頃のような事件はあまりなかったけれど、

人が信じられないまま、人の目ばかり気にして、びくびくしていた時期?

 

あまり記憶が思い出せなかったのは、ある程度平和だったから?

 

コメント:この機会に読み直してみたら、ほとんど自分に当てはまることばかり書いてあって、びっくり。以前より、もっと具体的に自分と向き合えるようになってきているのかも?

コメント:MY本棚殿堂入り本。明るくなくても社交的じゃなくても、楽しく生きていける!